ネコのお告げ~占い・散歩・食養生~

易占い・散歩・薬膳・猫・何気ない暮らしのこと

春の雨とお香〜クローブ(丁子)の効能〜

瞑想_香り_お香_方法_ネコのお告げ_20210313TOP

こんにちは
ネコのお告げ@木花です。

関東地方は一日小ぶりの雨。

春の雨って「どんより」というより
なんとなく「まったり」した感じを受けるのは
私だけでしょうか?

今日の午前中は家事をせず
のんびり過ごし
お香を焚いて瞑想をしました。

雨音、ときどき聞こえる車の水を跳ねる音
日常の中の何気ない音に耳を傾け
香りに包まれるひととき。

頭が空っぽになり、体の力が抜け
たった15分程度でも
終わった後はすっきりします^^

本日のお香はこちら


www.kokoudo.jp


小さな試験管のようなガラス瓶に
ミドルサイズ(15〜16分楽しめる)
ステイックのお香が入っています^^

スパイシーなのに残り香は優しい。

桂皮のほのかな甘さが
どこか懐かしさを感じさせ

クローブのすっきりした爽やかさが
気持ちを前向きにさせてくれる。

内側からオレンジ色のエネルギーが
ふわっと出てくるようなお香です。

ミドルサイズのお香はどこのメーカーも
15〜18分なので
瞑想の時間の目安としてちょうどよく
気分や目的に合わせて使っています。

このお香のメイン担っている丁子は
クローブの名で知られ
気のバランスを整えるスパイスです。

今日はクローブの効能と
簡単にできる食養生につて
ちょっぴりご紹介したいと思います。


丁子(クローブ)の効能・簡単な食養生

 

17世紀ペストが流行した際
抗菌、殺菌、防腐能力が高いクローブ(丁子)
「薬」「空間浄化」として活躍した
歴史も残っています。

また、強い鎮痛効果、消化促進、
胃を温める働きもあり
古来から漢方薬や自然療法の薬として
使用されています^^

薬が気軽には使えない時代
昔から薬草やスパイスを活用し
健康を守っていたんですね。


新型コロナウイルスの特効薬も
確立されていなく
ワクチンの安全性も不透明な今。

マスクや手洗い
近距離で30分以上の
人との会話を避けるなど
外側の予防はもちろんですが

体の中を整え、病に負けない
体作りの大切さを実感しています。

「病は気から」と昔から言いますが

「気」は呼吸と食事で99%を
摂取しています。

お香を焚いて瞑想で呼吸を深めたり
食事でしっかり栄養をとる生活習慣は
健康維持にも役立ちます。

クローブ(丁子)は
チャイティーにも入っているので

市販のチャイティー
紅茶+クローブでお茶を楽しむ。

カレーやポトフなどの
煮込み料理に入れて煮込む。
(1人分1粒を目安)

豚の角煮を作るときに
2〜3粒入れる。
(お肉独特の匂い消しにもなります)

気軽にできる食養生法です。


お香と食を通じて
みなさんが笑顔に元気になる養生
どうぞお試しください。


占い・薬膳・瞑想
心・カラダ・人生を癒し 元気で軽やかな人生を
☆ネコのお告げ@木花☆
易経マスター女史
漢方上級スタイリスト・薬膳養生指導師
英国IFPA認定アロマセラピスト
国際シンギングボウル協会認定講師