ネコのお告げ~易経・食養生・散歩・日々の暮らし〜

何気ない暮らし・食養生・占い・散歩・ときどき猫

副反応からの復活〜猫と食養生〜

f:id:neko-otsuge:20210807132857j:image

こんにちは木花です。

今朝は夏らしい雲がプカプカと浮かび

青空が広がりました。

 

さて、5日の午後にワクチンを打ち

深夜くらいから副反応、出てしまいました(ノ_<)

 

周りには39度以上出た人もちらほらいましたが

私の場合、熱はそんなに高くは無く37.8度

軽い関節痛と頭痛

そして一番辛かったのが倦怠感。

 

我が家の凪に餌まだか〜と手で起こされても

お腹の上に乗られても

怠く頭痛もあり体を起こすのも足をあげるのも辛い。。

鉛の洋服を着てる様でした。

 

万が一の時に買っておいたレトルトの白粥に

梅干しを入れてゆっくり食べ解熱剤を飲んで

2時間ほど寝るとだいぶん良くなりましたが

昼過ぎまでは横になって過ごしました。

 

f:id:neko-otsuge:20210807131450j:image

具合が悪い間、夏には珍しく

凪がずっとそばで寝てました。

 

夕方には熱も下がり

軽く体を動かすために近所の散歩。

f:id:neko-otsuge:20210807133302j:image

女郎花がもう花を咲かせていました。

今年は植物のサイクルが早いですね。

 

 

食養生とハーブで病を治してから早20年

その中で困った時の薬膳料理として万能なのは

白米のお粥と梅干し。

 

今回も改めて実感しました。

 

全ての不調の根っこを立て直すためには

五臓六腑の脾と胃を労わらなければなりません。

 

体質改善、不調解消のキーポイントなのです。

 

今回のような熱による体力気力の消耗はもちろん

むくみ、だるさ、冷え性、疲れ、気象病、

生理不順、子宮筋腫更年期障害、胃腸の不調、

アトピー、美肌

 

お粥は昔ながらの紫蘇の梅干しは万能です。

 

梅干しは紫蘇で漬けた昔ながらのものを。

紫蘇は漢方薬の原料にもなっている

パワフルな薬草です(^-^)

 

何となく体調がすぐれない時は

パンや麺類を控えて

白米のお粥と梅干しを週に1〜2回入れてみてください。

 

食べ慣れないと2〜3回噛んで

直ぐに飲み込んでしまいますが

せめて7〜8回噛みましょう。

 

からだに、子宮に、お肌にも嬉しい

食養生ぜひお試しください。