ネコのお告げ~易経・食養生・散歩・日々の暮らし〜

何気ない暮らし・食養生・占い・散歩・ときどき猫

一滴の水から海へ〜人生に役立つ易経の教え〜

f:id:neko-otsuge:20210209094025j:plain

こんにちは易経マスター女史@木花です。

昨夜は八卦についてのテキストをまとめました。

陰陽+五行の奥深さは
5年、10年経っても
まだまだ新しい気づきでいっぱいです^^

先人の天才と言われる
君子、易者でさえ
何十年も実践し
何千年かけても極められないもの。

その奥深さは
宇宙単位の物差しでさえ測りきれない膨大な情報が
たった八卦に内包されています。

説明で便利かなと思い
昨夜は資料を作成したのですが
何せパワーポイントなど操作に
疎いので時間がかかっています^^;



人生に役立つ易経

f:id:neko-otsuge:20210209095513j:plain

森羅万象の陰陽の運行と業をシンボル化した
八卦」を学んでいくうちに
それぞれの八卦が意味する象徴だけではなく
内包する意味に感動を覚えます。

学べば学ぶほど味わい深く
また心につき刺さり心の支えになるのが
水(坎)と山(艮)

深い叡智を感じるのが
水(坎)と火(離)です。

易経、易占いの四大難卦(いわゆる大凶または凶)の
水雷屯、坎為水、水山蹇、沢水困
全ての卦に入っているのが八卦の「水」の象。

八卦の水が困難を指す代表格なのです。


易は変化を意味し
絶対に変わることのない
自然界の普遍的な法則でもあり

易経四書五経の最も大切な経典でもあり
古代中国の君主やリーダー格の人物学んだ
帝王学」の書でした。

2017年の秋に
一時的な経済情勢の向上が見られましたが

その後は経済は低下の一途を辿り
また今は新型コロナウイルスの影響で
日本だけではなく世界情勢が不安定な為
易経の教え」が注目を帯びています。

変化が激しく、生活が混乱し、政府が混迷し
先が見えない今

「時の変化の道理」を学び
人生の道しるべとして
易経」の教えが見直されています。

私自身はもともと漢方が流行る以前から
漢方を学び陰陽五行ライフの実践をしていたので
比較的楽に心と頭に入りましたが

易学、易経の教えを受け止めるには
陰陽五行を理解することが「超重要」で・・・

一般的の方がいきなり易経を学ぶと
「よくわからないもの」「難しい」
という印象を持ってしまいます。

ものすごく簡単に
わかりやすく書いてある書籍もありますが

正直、本来の易経の素晴らしさの
半分も生かされていない印象を受け
かえって誤解を産むような内容も見受けられるので
生徒さんにはあまりお勧めをしていません。

「理解の壁」を少しでもハードルを低くするために
いきなり易経を読むよりも

陰陽五行を
小学生の時の夏休みの自由研究のように
日々の暮らしの中を観察することで学び

それから「八卦」を
まず理解することからお勧めしています^^


学びに王道なし!
学びに近道はありません。

「暗記する」「表面的な学び」よりも
焦らず楽しみながら
時に悩みながら
体感、実践を通して学ぶことで

より人生を豊にし
変化に対応できる「ツール」として
易経、易占いを活用することが可能です。

コロナの状況も見ながら
近い将来に八卦のレッスンを開催できるように

私も四苦八苦しながら
苦手なパワーポイント取り組んでいます^^

 

八卦の「水」からのメッセージ

f:id:neko-otsuge:20210209102826j:plain

先日面白いアイテムを見つけ
これは占いに使える!と思い購入をしました。

使ってみると出たのは「沢水困」
いきなり四大難卦(凶)です(苦笑)

これは私自身に
「耐える時をどう過ごすか」
「問題、課題をどう乗りのえるのか?」という
メッセージ、教えでもありますが

一方で個人的に思い入れのある卦なので
「水」に関することを
ブログ等々でお伝えするという使命も含んでいます。

話すことことは好きなのですが
文章を書くのが苦手な私へ
易が与えてくれた試練でもあります。

そして今、このブログを書いています^^


八卦の水=坎は
「土」を「欠く」と書き=穴を示しており
「陥る」という意味です。

雨が地に落ち流水となって海に達するまでの水路には
「山あり谷あり紆余曲折」することから
→危険、困難、妨害、障害、耐える、見落とし、下降
 などを意味し、先にお話した通り困難を表します。

一方で、水は万物を潤す性質もあり
また、流れ、形を変えて状況に合わせて変化する(順応する)
陰気の中に一陽がある形はブレない志と
一貫性を表しており
→流転、流れ、志、思想、一貫性、潤す
などの意味もあります。


水(坎)が含まれる卦、易占いには
正直厳しいことを言っています^^;

簡単に言ってしまえば
質問に対してダメだし、NOであり
かつ厳しい状況を示唆しているので

隠された深い意味を知らなければ
単なる「悪い結果が出た」で終えてしまいます。

水は変化をして霧や雨となり
地上に落ちて大地を潤し
やがてその水が集まり川の流れとなる。

滝や川の流れで岩にぶつかり岩を砕き
砕かれた石は川の水の流れの過程で
底面を転がることで角がとれ
川は幅を少しずつ広げてやがて大河となり
やがて海へとたどり着く。

自然の循環、変転変化が「水」そのものであり
どんなことがあっても
その性質は変わりません。


この水の性質、始まりと顛末は
私たち人生にも置き換えることができます。

生きていれば
良いことばかりではありませんよね^^

嫌なことも大変なときもあれば
嬉しいこと楽しいこともあります。

厳しさの中に何を見出し
喜びの中で何を学び
不要なものを手放して「角」をとり
やがて海というなの最終地点にたどり着く。

困難、辛いことは長くは続きません。

今は耐えるときですが
あなた次第でその先に「大河」「海」というなの
目標や幸せにたどり着けることを
八卦の「水(坎)」はその性質を通して
教えてくれているのです。

「小水の常に流れて、則ち能く石を穿つが如し」

盤龍老師のお言葉です。

清らかさ、志、小さな努力を
水の様に表し

自分の行いを常に振り返り
心穏やかに清らかな心で
志を大切に
粛々と小さな努力を続けてゆくこと。

道を切り開く
状況を改善する近道であるということを
諭しています。


もし、今あなたが
何か辛いこと、大変なこと、苦しい状況にあっても

ただ耐えるだけではなく
その一滴の水=困難の中に価値を見出し
学びを得ることで
あなたの精神(天)を養い
あなたの状況・土壌(坤)を整え

やがて状況は変化をしてゆくことを
八卦の水(坎)が教えてくれています。

占いの結果が悪い時
苦しいときは人の心は盲目になりがちですが

「変化を待つ」というチャンスであり
「学び」のチャンスです^^

四大難卦の沢水困について過去にも書いています
参考にぜひご覧ください。

neko-otsuge.hatenablog.com



最後まで読んでいただきありがとうございました。
皆様もよき火曜日をお過ごしください^^

★ネコのお告げ@木花★