ネコのお告げ~易経・食養生・散歩・日々の暮らし〜

何気ない暮らし・食養生・占い・散歩・ときどき猫

易経 64卦 No.39  水山蹇(すいざんけん)の教え

水山蹇周易占い恋愛仕事運勢

水山蹇
「蹇は、西南に利し、東北に利ろしからず。
大人を見るに利し 貞吉」


「水」は難題、「山」は停滞を意味し
難境と不和、非常に困難を意味する 卦(応え)の1つです。

占いで水山蹇が出たら 質問がyes,noであれば
「止まれ」「やめなさい」 という意味です。

蹇という難しい字は
寒と足が合体したような字ですが
「蹇」とは足が不自由な人のことを意味し
進めないことや、苦しみ、
愚かな行為などの意味でもあります。

前は冷たい川、後ろは険しい雪山
足が凍えてすくんで前に進めなく
後退もできないイメージです。

焦りや感情に任せて前に進むと
困難、障害があるというお告げであり
また、頑固にならず、
素直に誰かにアドバイスをもらう戒めも
この卦には隠されています。

苦しさを自分一人で抱え込み前に進むよりも
困難から逃げずに淡々と最善を尽くすために

見識、良識のある、信頼できる人に相談をする
救いを求めることが必要。

そして無暗に動かず立ち止まり
謙虚に、低姿勢に徹し、
素直な心で失敗や戒めから教えを学ぶようすれば
明けない夜はありませんから
凶はやがて変化をし、目の前に道が開けるでしょう。 

 

誰の名言か忘れてしまったのですが
私たちは成功よりも失敗から、より多くの知恵を学ぶ。
こんな名言があります。

でも、無暗に行動するのは「無謀」であり
止まる時には止まり、必要な時にはすぐに動く
これはチャレンジであり たとえその結果が失敗しても
次の成功の元になります^^

この名言がとても腑に落ちます。
水山蹇を読んでいると
困難や失敗から素直に学ぶという姿勢が
とても大切なのなだと改めて思います。

「人生は生きた学びの場 だから別に失敗したっていい」
そこから何を学ぶかで
人生・運命は大きく変わるんです(*´∇`*)

 易経の卦辞に、
吉・凶・悔・吝・咎という言葉が出てきます。

その中で「悔」は
「過ち、失敗に気付いて後悔するけれど
その過ちを改めれば吉になる」
という意味です。

失敗、過ちから素直に学ぶという姿勢
許す優しさと心の強さが
人生では大切なのなだと
易経を学んだ今、改めて思います。

人は苦しみの中、葛藤の中にいると
なかなか「光」「希望」が見いだせずに
時として、何かのせいに、誰かのせいにし
言い訳をしたくなってしまうときがあります。

そんなとき、
現状から逃げず、慌てず、物事を一歩引いて
少し高い視野から見直すこと。

そして、今できる最大の事を粛々と行う。

自分一人で出来ない時、辛い時には
専門家に相談をしたり 信頼のおける人に正直に相談し
素直にアドバイスを受け止め冷静になること。

心を暴走させないことが大切なのです。


f:id:neko-otsuge:20200302171905j:plain
話はかわりますが 学生時代~23才くらいまで
スキーや軽登山、キャンプを楽しんでました。

山で飲むコーヒー、インスタントラーメンは
格別なんですよ(笑)
(超が付くほど美味しく感じます)

気持が迷ったり行き詰ると
20代の頃は山や海に行きました。

雪が深々と降る中
テントに雪が当たる音を聴きながら飲むコーヒー
このブログを書きながら何故か思い出しました。

懐かしい青春の1ページです^^