ネコのお告げ~易経・食養生・散歩・日々の暮らし〜

何気ない暮らし・食養生・占い・散歩・ときどき猫

うぐいすに背中を押してもらう~梅花心易 八卦の雷~

梅花心易_易占い_陰陽五行_八卦_震_雷_兆しを読む_ネコのお告げ

こんにちは木花です。

早朝、家を出たとき
澄み渡った空気に美しく響き渡る
季節外れの「鶯(うぐいす)」鳴き声を耳にしました。

鶯って
実は1年通して「ホーホケキョ」という
鳴き方をしてるわけではないんです。

立春をすぎ梅の花が咲く頃から
3月(東北などは4月上旬ころ)までは
ご存知の「ホーホケキョ」

その後
普段は谷渡りという地鳴きになり

秋から冬にかけては
「チャッチャッ」という
雀の囀りよりも濁った感じの
「笹鳴き」と呼ばれる鳴き方をしています。


梅花心易における「鶯」の意味

梅花心易_易占い_陰陽五行_八卦_震_雷_兆しを読む_ネコのお告げ_森羅万象_恋愛

立春のころ、
春の到来を告げる「鶯(うぐいす)」を
古来から「春告げ鳥」といわれています。

暖房器具もない大昔

まだ寒さの強い時期
梅の花とともに
春の兆しを届けてくれる鶯の囀りを
昔の人は本当に心待ちにしていたことでしょう。

季節外れの鶯の囀り
家を出たときに起きた「兆し」

梅花心易(占い)
これを八卦の「雷(震)」として捉えました。

↓梅花心易についてはこちら↓

neko-otsuge.hatenablog.com


占い師でありがちな霊視能力がなくても
自然体で過ごし、世の中の機微をキャッチできる
五感のアンテナが開いていると

必要なときに、必要な兆し=占機(せんき)
飛び込んできます。

世間一般で言う「たんなる偶然」では
済ますことのできない
偶然という名の必然です^^

その兆し=占機(せんき)
64卦や八卦などに落とし込み
事象の意味を読み解くのが占い師です。

鶯=「春告げ鳥」

春の象徴であり
厳しい冬から陽気が奮い立とうとしている
八卦の「雷(震)」の象徴の1つです。

  • 数字:4
  • 心身:肝・胆のう、神経系、足、声帯(ハミングすると震える場所)
  • 症状:咳、喘息、くしゃみ、くしゃみ、リュウマチ、筋肉痛、
       足がつる、感情的、イライラ、ヒステリー、短気、ほか
  • 事象:地震、にぎやかな場所、ライブハウス、雑踏、街中、カラオケ、
       楽器(とくに木製)音楽、電気器具、広告、発展、進む、
       ワクワク、奮起、電話、鈴(風鈴なども)、5時~7時、など

その他沢山の森羅万象に当てはめ
キーポイントを自分のことに落とし込み
読み解きます。


八卦の「雷(震)」一般的な意味はというと・・・
↓ ↓ ↓

★午前午後でいうと午前の方が運気はよさそうです。

★一人で過ごすよりも
おしゃべりを楽しんだり(コロナの時勢柄難しいですが)
静かな場所よりも、にぎやかな場所で過ごす。

★音楽を楽しんだり、自宅で歌を口ずさんだり
楽器をもっている人は練習を愉しむと
運気の流れに乗りやすくなります。

★思い立って、何かをえっいと
行動するのも吉ですが
羽目を外さないように心がけることも大切。

★恋愛なら
たとえが古いですが
松田聖子のビビッときた、という
いわゆる一目ぼれ。

感情が高ぶり喧嘩してしまう
運命の出会い
浮気(相手の虚言など)や言葉の誤解が生じる
(おどろきの)事実の発覚

などとも読み取れます。


私個人に当てはめると

ちょうど昨日とある「問い」をもち
「風雷益」の卦が出たので

思い切って行動を起こして吉と
受け止めました^^

昨日のうちにある程度必要事項や
考えをまとめていたのですが
さっさと行動するように!と

うぐいすの囀りに
運気の後押しをもらい受けたようです。


以前のブログにも書いた通り
梅花心易は奥深く
その面白さは格別ですが

表現力と時間がおいつかなく
ブログでなかなかご紹介できずにいます^^;

道具も場所も時間も不要なので
感覚と知識と経験を養う事で
最強の占いなのですが^^

また、何かの折に
兆しの受け取り方や自分い落とし込む方法を
お伝えできればと思います。