ネコのお告げ~易経・食養生・散歩・日々の暮らし〜

何気ない暮らし・食養生・占い・散歩・ときどき猫

知って欲しいおみくじの豆知識 〜浅草寺おみくじ 55番〜

f:id:neko-otsuge:20220424082824j:image

こんにちは木花です。

金曜日に理不尽で腹立たしい出来事があり^^;
心を鎮めに、また気分転換に浅草寺へ散歩に行って来ました。

山道、境内はツアー客もあり
思いのほか人が多く写真が撮れず・・・

f:id:neko-otsuge:20220424082807j:image

地蔵尊の前の甘夏?八朔?が
たわわに実っていました。

金柑、みかん、八朔は「金運」「子孫繁栄」「ご縁結び」など
縁起の良い果実でもあります。

お地蔵様とともに
木にもご利益もらえるように手を合わせて来ました^^

 

「おみくじ」吉凶のプチ豆知識

古来、おみくじは僧侶がおみくじを引き
その吉凶と内容を
相談者に結果とともにアドバイスを伝えるスタイル。

または
巫女が神からの信託を「和歌」で受け取り
その吉凶と内容を伝える
現代でいう「いたこ」のようなスタイルで
行われていました。

何れにしても
政治的、お家存続、町の一大事など
大きな物事に対し

人間の感情や思考を入れ過ちを起こさないために
神聖な神仏のジャッジで物事を吉凶や運を占うことが多く
一般庶民ができるものではありませんでした。

1000年以上の時を経て江戸時代
戦争のない平和な世の中ですが
度重なる飢饉や災害など
決して平坦な世の中ではなかった時代。

娯楽ととともに
庶民の心の拠り所として
神社の信仰が庶民に向けて大きく開かれ
おみくじも気軽にできるように発展してゆきます。

淺草觀音寺一百籤(觀音御籤)

↓100番までのうち↓
大吉16本
吉35本
その他の吉19本
凶30本

という割合の「元三大師神籤」をベースにしています。

どの種類のおみくじにも共通していますが

大吉>吉>半吉>小吉>末吉>末小吉>凶の順序で
吉凶の「大まかな度合い」になっています。

しかし、どの結果にも
「凶事(リスク)」が大なり小なり含まれており
一概に大吉〜凶で単純判断が出来ません。

例えば
凶より小吉の方が悪い結果の場合もあります。

また、「大吉」は陽気が極まった状態で
ちょっとした事で「凶」に転じるので
注意が必要です。

大吉=良いではなく
明日にでも凶に転じるリスクを背負っているので
良い時ほど注意と努力が一層に必要なのです。

反対に「凶」は今はベストタイミングではなく
良い状態でないとしても

驕らず、卑屈にならず、不安にならず
今は動かず、努力を怠らず、争わず、抗わず
そして心乱さず淡々と粛々を過ごす事で
「凶」という難をやり過ごせ吉へと上向くのです。

もし、皆さんがおみくじで大凶や凶を引いても
決して落胆せず

「今はいいタイミングではないだけ」で
心を鎮め、時に反省し
ベストタイミングを待てば良いんだなと
そう気持ちを切り替えてください^^


さて、私が引いたのは「55番」

浅草寺,おみくじ,御神籤,元三大師神籤,凶,意味,55番,陰陽五行,易占い,占い,運気,運勢,ネコのお告げ,おみくじを楽しむ,20220413

f:id:neko-otsuge:20220424082759j:image素敵な漢詩が書かれたおみくじの結果は「吉」

 

f:id:neko-otsuge:20220424082810j:image

浅草寺のおみくじは
裏側にわかりやすく現代語で解説がありますが

皆さんの参考になればと思いますので
易学・陰陽五行の観点を含めた
さらに一歩踏み込んだ意味をお伝えしたいと思います^^

雲散月重明 天書得誌誠 雖然多阻滯 花發再重榮

<意味>

雲が散って月が再び明るさを取り戻すように
物事の真の姿(あるべき状態)が現れます。

雲が風に流され去り
煌々と輝く美しい月が見られるように

今までは妨げ・障害があったとしても
気持ちに迷いや悩みがあったとしても

誠意を尽くして物事に取り組めば
それらはやがて去り
花が開くように運が開けてくるでしょう。

ただし、現状が良い状態の方は
少し注意が必要です。

雲が風によって散る=何かが去る・散る
という意味も含まれているので

集中力が散漫になったり
物事が離散する可能性があります。

※離散は「解散」「別れ」「消失」「解放」「気持ちが離れる」
などを意味します。

自然界の運行は
春(始まる・緩む)
夏(盛んになる・力がみなぎる)
秋(収穫・離れる)
冬(蓄える・引き寄せ集る)

この一定のサイクルで巡っており
人生もまた同じです。

物事が一度離れ終わりに思えたとしても
また何かが蓄えられ集まり
人生サイクルの春を迎え
おみくじにある「花發再重榮」の言葉にあるように
「花開く」運が開く始まりのタイミングを得られます。

「何か」は人それぞれの状況によりますが

もし
何かがあなたの元から一度離れても
「誠の心」「敬う心」があり
心を養えば
また自然と引き寄せ集まり
最終的に願い事・心配事もなく物事がることでしょう。

淺草觀音寺一百籤 五十五番 運勢】

願望:今すぐではないが少しずつ状況が良くなり叶う
病気:間もなく回復する
待人:やがて来る
失物:出る
縁談:さい先よし
売買:利あり(メルカリやFXやっている方には吉)
その他:先祖の供養、神仏の信心することで導きを得られる


さて、お参り、プチ散歩の後
「笑う門には福来たる」気分転換を兼ねて
落語を楽しみに浅草演芸ホール

浅草演芸ホールでは
今月から呼び込み係のSOTAくんが活躍しています。

f:id:neko-otsuge:20220424082813j:image

近くに来られる方はぜひ話しかけてください^^
( SOTAくん寂しがり屋だそうです)


運が良ければSOTAくんの落語
寿限無」が聞けるかもしれません^^

個人的な事ですが
我が家の猫が他界した事で
猫好きのスタッフの方に励ましの言葉をいただき
落語の師匠にも元気をもらえ

御神籤の通り
気持ちが晴れ嬉しいこともあり

楽しいだけでなく
感謝の1日となりました^^


おみくじは基本的に1日に1度ですが

自分で冷静な判断ができないとき
何かのベストタイミング・運気を知りたいとき
今の自分に必要なメッセージが欲しいとき

ぜひ活用してください^^

★木花(konohana)★