ネコのお告げ~易経・食養生・散歩・日々の暮らし〜

何気ない暮らし・食養生・占い・散歩・ときどき猫

森羅万象を表す「八卦」〜日常に生かしている梅花心易〜

森羅万象_八卦_陰陽五行_易経講座_易経_易占い_梅花心易_画像

こんにちは易経マスター女史@木花です。

以前、自然界・世の中の森羅万象の法則
陰陽についてお話しをしましたが

neko-otsuge.hatenablog.com


易占いのベースになっている「八卦」についても
お話したいと思います。

占いというと
胡散臭い、怪しいものと思われがちです。

実際、心理学を利用した占いとは言えない
霊感商法が多いことは事実です。

また易占いに限らず
どの占いにしても元々は物事の吉凶を
それぞれのツールを使い下ろすので

現実思考主義の方に
「怪しい」と思われてしまうのは
まぁ理解できるのですが^^;

データー、数値として証明できないものは
認められないのが現代社会。

しかし、体で例えて言えば
人類は体の機能についてわずか約2%しか
理解・解明されていません。

現代医学にしても
世の中の大部分が仮説であり
未知にもかかわらず

占いを含めた目に見えない力や
また数値で表せない現象を
頭ごなしに否定するのは
そこに大きな矛盾が生じます。

信じる信じないは個人の選択ですが
柔軟な視野を持って
物事を捉えて欲しいというのが
占い師、セラピストとしての願いです^^


さて、人には、いわゆる第六感という
五感とは別のセンサーみたいなものが
人には備わっています。

英語ではシックスセンスと言いますが
その第六感が敏感な人とそうでない人がいて
いわゆる占い師は敏感な方です。

易では兆しという言葉をよく使います。

私自身、本格的な筮竹を使った
周易占い」をしていますが

第六感に敏感な性質なので
兆しを基にした「梅花心易」が好きです。

「梅花心易」は意識して占わずとも
森羅万象が発した「兆し」を
自分の五感・六感のアンテナがキャッチ。

その「兆し」を読み解き生かすことで
毎日の暮らしに役立ててます^^

第六感が強くないからといって
一般の方が占いや
「梅花心易」が出来ないということはなく

学ぶことで「その兆し」に気づくことができ
暮らしに彩りをもたせてくれます。


その第一歩が八卦の象徴と意味を知ることが
梅花心易の基本の「き」でもあります^^

ブログではその一部をちょっぴりご紹介したいと思います。

過去の記事もどうぞ参考にしてください。

neko-otsuge.hatenablog.com


八卦とは

八卦_陰陽五行_周易_易占い_占い_横浜_新宿_東京_ネコのお告げ_20120701

 

八卦(はっけ・はっか)
この世の森羅万象の事象・性質・働きを
乾(天)・兌(沢)・離(火)・震(雷)・巽(風)・坎(水)・艮(山)・坤(地)
8つの象徴で表しています。

この八卦が陰陽の性質・吉凶を定め
大自然の業(なりわい)を生み出しています。

そして大自然における
生命の営み・性質・働き・事象の意味と変化を
64のストーリーで説いているのが
易経64卦で易占いのベースです。


八卦は爻(こう)と呼ばれる

爻_陽_八卦_陰陽_易_占い  爻_陰_八卦_陰陽_易_占い
陽爻       陰爻

陽の爻、陰の爻で表

3つの組み合わせ=三爻で
自然界における天・地・人
三位一体を表しています。

そして八卦
その性質・働きの違いから
陽のグループ、陰のグループに別けられます。


陽のグルーブ

天_乾_八卦_陰陽五行_易経講座_易経_易占い_梅花心易_画像沢_兌_八卦_陰陽五行_易経講座_易経_易占い_梅花心易_画像離_火_八卦_陰陽五行_易経講座_易経_易占い_梅花心易_画像震_雷_八卦_陰陽五行_易経講座_易経_易占い_梅花心易_画像
 乾(天)   兌(沢)  離(火)  震(雷)

陰のグループ
風_巽_八卦_陰陽五行_易経講座_易経_易占い_梅花心易_画像坎_水_八卦_陰陽五行_易経講座_易経_易占い_梅花心易_画像山_艮_八卦_陰陽五行_易経講座_易経_易占い_梅花心易_画像地_坤_八卦_陰陽五行_易経講座_易経_易占い_梅花心易_画像
  巽(風)  坎(水)  艮(山)  坤(地)

もし、あなたが
●●した方が良いかな?という
YES, NOで答えられるような悩みや
問いを持ったとします。

八卦の「陽のグループ」の八卦の兆しを
感じた・みた時は
→Go(動きなさい・やりなさい)、YESという意味。

反対に「陰のグループ」八卦の兆しを
感じた・見たときは
→Stop(止まりない・やめさい)、NOという意味。

五感・六感で感じた森羅万象の現象=兆し
が占いのお告げということです^^


なんとなく今日の何を食べようかな
何を飲もうかな
明日は何を着ようかな

どちらの日程にらしようかな?

何気なく考えていて(思っていて)

地震を感じた
●雷の音を聞いた
●ピカピカ光るものが目に入った
●救急車などのサイレンが耳に入った
●椿・雷・レモンなどの柄のモチーフを
 短時間、短期間に何度も見る

他、八卦の「震(雷)」の兆しが
五感六感に飛び込んできたとき

食べ物、メニューであれは
*揚げ物
鉄板焼き・お好み焼きなど
*そば・ラーメン(音を出して食べるもの)
*たけのこ
*馬肉・うなぎ・鰆
*炭酸もの(ジュース・サワー・ビール・スパークリングワインなど)
*マリネ
*おせんべい
*雷おこし

お出かけの洋服のチョイスなら


*青・青緑・黄緑・眩しい色合い・銀色
*ふんわりしたフェミニンなものよりも
 柄のはっきりしたもの。
梅の花、椿の花、レモン、オレンジ、サボテン、鈴、楽器

などがラッキーアイテム、ラッキーカラーとなります。

私の例ですが
ランチを何を食べような迷っていたとき

ちょうど目の前を
「50」という数字が入ったTシャツを着た男性が
通りかかりました。

50は易経「火風鼎」の番号
鼎は「かなえ」という
煮炊きをする鍋のようなもの

その日のランチに選んだのはこちらのお店

tabelog.com


「火鍋ランチ」です^^


真剣な悩み、仕事を受けるか否か?脈があるかどうか?どちらにしようか?
ランチ、着るもの、買い物、等々のごく身近な選択まで

五感六感のアンテナを開くと
占うまでもなく自然と兆しが入り

その得た兆しを八卦易経などに落とし込み
生活に、考えていたことに置き換えて
天からのメッセージを
暮らしに人生に生かすのが梅花心易の魅力です。


八卦のそれぞれの意味をご紹介すると
話が長くなってしまうので
少しずつブログに書いて行ければと思います(^_^*)