ネコのお告げ~易経・食養生・散歩・日々の暮らし〜

何気ない暮らし・食養生・占い・散歩・ときどき猫

夢に見た場所へ「予定を入れない旅」~心の貯金をする癒しの旅 久米島旅行 その1~

20220930top,久米島,旅行,沖縄離島,はての浜,ホテル,シュノーケリング,10月

念願の久米島に3泊4日の旅

久米島、予定のない旅の魅力
全てをお伝えすることはできませんが

離島の旅の参考に
久米島の情報共有として
3~4回にわけて
ブログでご紹介できればと思います。

私の願い・そして心のリトリート

久米島
この6年間、夢に見た場所です。

約6年ちょっと前、愛猫が肝リピドーシス
高度肝機能障害で生死をさまい
その後2年間の闘病の中

久米島で海のアクティビティshopをしている
木村さんとSNSで繋がりました。

彼女の日々の投稿をみて
いつか、絶対にゆきたい
猫が元気になったらと願っていた場所。

当時、
猫の治療に3か月で150万以上かかり

通院や治療の負担を最小限に抑えケアするために
年間80万近くの治療費が必要で
(保険がきかなかいものあったので)
金銭的にも非常に厳しい状況が数年続き
貯金を400万切り崩し、
私の所持金が減ってしまった時でした。

不安をかかえるなか
傍にいてくれる猫と
いつか久米島への旅をという夢は
私の励みでもありました。

その後、
奇跡的に高度肝機能障害は完治したものの
慢性腎不全になり
更に2年前に細胞脂肪種(悪性の癌)が発覚。

三か月~余命半年といわれましたが
抗がん剤を使わずに2年間がんばってくれ
今年の4月2日に天に召されました。

他界してから1か月は仕事に励み
ペットロスを癒そうと
自分なりに工夫をしましたが

仕事を終え帰宅したとき、
涙が溢れて止まらないこともありました。

そんな時に頭に浮かんだのが
久米島に行こう」でした^^

自分で癒すことも大切だけど
時には他の何かに
誰かにチャージしてもらおう。

ペットロスを癒しに
魂と癒しに
エネルギーチャージに
久米島に行くことを即決し
翌日に携帯でクリック3つで予約完了です^^

あとに知りましたが
沖縄の離島は
ハワイやヨーロッパ旅行より高く
びっくりです(苦笑)

旅行のテーマはノ~プラン

はての浜」のみ自力ではいけないので
ツアーを予約しましたが
それ以外はノープラン。

予定を何も考えず適当に過ごそう
「予定を入れない」「あれこれ予定を考えない」
自分を開放して、のんびり自然体で過ごすことに。

はての浜は「天国に近い場所」と
言われているので

愛猫と沖縄が好きだった母の供養を
二人に感謝の気持ちを伝えてこようと
思いを秘めて旅立ちました^^

ちなみに「はての浜ツアー」は
ご縁があった木村さんのshop
ブルーフィールドさんにお願いしました^^

www.bluefield-kumejima.com

沖縄旅行の予約について

沖縄旅行、離島へのツアーは
個人的には各ホテルで行っている
ホテル+飛行機での予約

もしくは
yahooトラベル(一休と連携)がお勧めです。

yahooトラベルはpaypayとも連携しており
ポイントもたまりやすく
かつpaypay保険加入も魅力です。

なぜなら季節によって(天候しだいで)
沖縄、離島への旅は
「欠航」「欠便」「遅延」がつきもの。

前日~当日でないと分からないので
格安旅行や個人手配だと
キャンセルは自然災害でも100%自己負担。

こんな時に
paypay保険が役立つんです。

同行者・本人の死亡、本人の急な入院
気象庁が発した気象警報による欠便
交通機関の2時間以上の遅延または運休
宿泊を伴う仕事の出張や休日出勤
親族(親兄弟)の死亡

などによる旅行や飛行機チケット
キャンセル代が「0」円になります。
(ちなみにペットの死亡にも対応、
ただしキャンセル料50%負担)

離島にいくときの
参考になればと思うので
頭のかたすみに覚えておいてください^^

非日常のワクワクを楽しむ〜いざ久米島へ 訪問初日〜

20220930top,久米島,旅行,沖縄離島,はての浜,ホテル,シュノーケリング,10月

羽田発7:30の飛行機でまずは那覇
久米島は7~8月以外は直行便がない)

f:id:neko-otsuge:20221005101155j:image
f:id:neko-otsuge:20221005101159j:image

那覇空港で沖縄限定のバヤリースを発見
大好きなシークワーサーを買いました^^

レモンよりマイルドな酸味
ここちよいさっぱりした甘さ
ほんのり塩
熱中症予防にぴったりです。

いつか沖縄に行く方はぜひ!お試しください!
(個人的にハマり、お土産に買って帰ったほどお気に入りです)

2022093001,久米島,旅行,沖縄離島,はての浜,ホテル,シュノーケリング,10月

乗り換えた飛行機は琉球エアー
プロペラ機は何十年ぶりでワクワク。

f:id:neko-otsuge:20221005065416j:image

離陸5分でこの風景。
台風がさって海も格別に澄んでいます。

f:id:neko-otsuge:20221005065349p:image

途中、慶良間諸島を眺め
あっという間、30分弱で久米島に到着。

f:id:neko-otsuge:20221005065400j:image

シーサーと記念撮影。

久米島はサイプレスホテル以外の宿泊は
送迎がないので
タクシーかレンタカーでの移動になります。

そして空港前にタクシーは控えてないので
電話でハイヤーを呼ばなければなりません。

バスもあるのですが1時間に1本
お昼はバスの運行休みのため
11時以降の到着の便はご注意を。

ホテル選びについて

沖縄本土、どの離島に共通しますが
ホテル選びは大切なのでプチ情報を↓

久米島のホテル〜離島のホテル・宿泊選び〜

「旅で何をしたいか?」「食事はどうするか?」
この2つで大きく変わるからです。

とくに久米島
食事できる場所がかぎられているので
選んだホテルによっては外食が厳しくなります。

サイプレスホテルは
綺麗なリゾートホテルで
海と夕焼けが楽しめる場所ですが
ホテルの周りに(徒歩圏内)に
食事ができる場所がないので

夜はホテルで食事か
タクシーかレンタカーで
夕食に行くことになります。

私は一人旅ということもあり
かつ車の免許がないので・・・

※「はての浜」の訪問予定がある
※徒歩圏内で食事ができる場所ある
(しかも島内で2件しかないファミリーマートもある)
※海を眺めてゆっくり楽しみたい
以上の3点から
「イーフビーチホテル」にしました

バックパッカー好みの格安の宿や
ニコンドミニアムみたいな場所
民宿もあります。

民宿は朝食は付いていますが
夕食付いていないことが多いようなので
泊まるときは場所を選びましょう。

私がお世話になったホテルはこちら

ホテルの魅力 | ビーチ直結 久米島イーフビーチホテル【公式】


f:id:neko-otsuge:20221005065439j:image

明るいロビー

f:id:neko-otsuge:20221005065405j:image

海を眺められるバーのスペース


f:id:neko-otsuge:20221005065436j:image

外にはプールと芝生スペース。

歴史のあるホテルなので
客室の古さは否めなく
室内のお風呂は小さなユニットバスです。

※ビーチまで0秒のロケーション
※日本の海ビーチ100選に選ばれた
 美しいイーフビーチ
※日の出がみられる
※解放感を感じる
※大浴場(深層海水の)がある
※連泊の方は室内清掃を無し(タオルの交換のみ)にすると
 アイスかオリオンビール発泡酒?がもらえる。

こんな素敵なポイントも沢山あるホテルです^^

夢に見た場所へ~はての浜で最高の贅沢(10月のシュノーケリング~)

f:id:neko-otsuge:20221005065409j:image

さて、ホテルで荷物をあずけ
水着に着替えて「はての浜ツーアー」へ
はての浜ツアーの発着はすべて「泊マリーナ」から。

イーフビーチから徒歩20分
車なら5分もかかりません。

イーフビーチ周辺以外の
他のホテル・宿泊からは
車で10分~20分程度かかるので
余裕をもっておでかけを。

ほとんどのボートにはトイレがなく
はての浜にもトイレはないので
マリーナ駐車場のトイレで
必ず一度用を足しましょう。

f:id:neko-otsuge:20221005065736j:image

久米島ブルーの海を眺めながら
風にふかれて20分ほど。

もうこの時点で既に癒されます。

だって、久米島の海の宝石のような蒼さ
透明感、キラキラの太陽、そして心地よい風
本当に綺麗で心地よいんです。

f:id:neko-otsuge:20221005065334j:image

はての浜に上陸。
白い珊瑚の砂、透明の水のような海に感動。

f:id:neko-otsuge:20221005065806j:image
全く日陰がないのでパラソルを立ててもらいました。

f:id:neko-otsuge:20221005065420j:image

はての浜は全長約7kmあり
大きく2つに分かれています。

たいていのツアーは
島に近い浜に行きますが
より綺麗でシュノーケリングのポイントにもよい
奥の島につけてもらいました。

そして、幸運なことに
この日の「はての浜」は誰もいない。

ガイドの木村さんと私だけで
はての浜」を独り占め
最高の贅沢です。

静かなはての浜
寝っ転がり、泳ぎ、散歩し、
ここちよい風と海と太陽を存分に味わいました。

f:id:neko-otsuge:20221005065329j:image

透明度、写真で伝わりますしょか?

f:id:neko-otsuge:20221005065937j:image

浜でみつけた珊瑚の塊。

6角形の1つ1つが「1個体」の珊瑚
このかけらは
100個以上の珊瑚の集合体です。

f:id:neko-otsuge:20221005065931j:image
天国に近い場所といわれている「はての浜」で
愛猫へのメッセージを書き南無南無しました^^

2日間に台風が通過して
打ち上げられた貝殻や珊瑚が多かったので
ガイドの木村さんと一緒に貝殻拾い

20220930,久米島,旅行,沖縄離島,はての浜,ホテル,シュノーケリング,10月,貝殻f:id:neko-otsuge:20221005065904j:image
f:id:neko-otsuge:20221005065848j:image
f:id:neko-otsuge:20221005065854j:image

2枚目の写真は「ウニの棘」です。

こんなに太いんですね・・・
びっくりです。

棘同士で軽くたたくと
とてもやさしい音色を出し
その音に癒されます。

めずらしい貝殻もあり
私用の思い出品としてお土産にしました。

iphoneを防水ケースに入れ撮影したので
画質はわるいのですが
雰囲気が伝わるかなと思い
youtubeで海の様子を動画であげたので
よかったらご覧ください^^


www.youtube.com

 

久米島で訪ねたい場所 その2〜久米島 マキノコーヒー〜

さて、ノープランの旅ですが
今回の旅でどうしても行きたかった・やりたかったことが
2つだけありまして

1つが「はての浜」訪問

2つ目が海を眺めながら「美味しいコーヒーを飲む」こと。

水着から着替えて
島内で唯一の珈琲焙煎・珈琲専門店
「マキノコーヒー」さんへ

閉店ギリギリだったのですが
こころよく「黒糖アイスコーヒー」を作ってくれました^^

20220930,久米島,沖縄離島,女一人旅,リトリート,マキノコーヒー,コーヒー好きさんとつながりたい,ネコのお告げ


テイクアウトしてホテルのプールサイドで
海を眺めながら
f:id:neko-otsuge:20221005065957j:image

太陽もだんだん低くなり
夕焼け空に龍の通り道ができました^^
f:id:neko-otsuge:20221005065944j:image

f:id:neko-otsuge:20221005065947j:image
イーフビーチは東〜南東に向いているので
日没の太陽の様子は見られませんが
優しい穏やかな空のグラデーションが楽しめます^^

初日は飛行機での移動
はての浜で4時間過ごし
のんびりコーヒーを楽しみました。

次の日〜最終日までは全くのノープランなので
朝起きてからどうしようか考えることにします。

久米島のコーヒー、カフェについては
もう少し詳しくご紹介したいので
また今度のブログで。